2009年02月04日

ファットボーイカスタム

今日は昨日に引き続き、クロームスイッチ取り付けを紹介します。

クロームのスイッチキャップを取り付けたスイッチボックスをハンドルに取り付けます。

この時、ハンドルのディンプル(配線逃がしのへこみ)部にしっかり配線を逃がして下さい。
1440.jpg

特に左側は今回グリップヒーターの配線があるので、かなり上手くやらないと配線が噛んでしまいますので、注意して下さい。

どうしても配線が邪魔してスイッチボックスを固定出来ない場合は、配線カバーをずらしてあげると、比較的簡単にはまります。
1441.jpg

次はレバーを取り付けます。
今回はグリップヒーターのスイッチがクランプの代わりになります。

右側も同様に取り付けます。
a href="http://herohiro0429.sakura.ne.jp/sblo_files/bike-hero/image/1444.jpg" target="_blank">1444.jpg

1445.jpg

次はグリップを取り付けます。
今回使用したグリップヒーターはハンドルの内側に付けるので、色んなグリップが選択出来るというのが最大のメリットです。

今回はカチナ製のレザーグリップです。
1443.jpg

左側を取り付ける時はグリップ接着剤を使ってしっかり差し込みます。
1442.jpg

右側はアクセルワイヤー、スロットルワイヤーの入れ替えもあるので、後日また紹介します。

ここまでの図です。
1448.jpg

明日は配線の延長、各ワイヤー交換をします。
残りはバガーキット取り付けステー作成です。

かなりワクワクしてきましたよ!
アメリカンバイクショップ HERO へ戻る


posted by 店長 Kazu at 17:47| Comment(0) | TrackBack(2) | バイクカスタム

2009年02月03日

ファットボーイカスタム

今日はハンドル周りのクロームパーツ取り付けです。

取り付けるパーツはこれです。
1437.jpg

この作業で難しい事は特別ありません。
ただ、単純にパーツを交換するだけです。

しかし、一点注意しなければならない事があります。
それはスイッチキャップを外す際と取り付ける際です。

キャップの素材がプラスチックの為に無理すると割れてしまうのです。

細いマイナスドライバー等を上手く使って、作業して下さい。
1438.jpg

特にこの時期は外気温が低いのでプラスチックやゴム関係が硬くなってますので、暖かい所でやるか、もしくはヒーターやドライヤー等で暖めながらやると、割れ防止になります。

それで、スイッチキャップを交換した画像です。
1441.jpg

1440.jpg

簡単な作業の中にも油断すると失敗する事がありますので、気を付けましょう!!

過去何度か経験してますので・・あせあせ(飛び散る汗)
アメリカンバイクショップ HERO へ戻る

posted by 店長 Kazu at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクカスタム

2009年01月29日

ファットボーイカスタム

<今日はナセル取り付けを紹介します。

純正ヘッドライト周りをバラしたらナセルカバーを取り付けます。
カバーを取り付ける前に専用ステーをまず取り付けます。
※取り付ける向きに注意。
? @1437.jpg

左右取り付けらフォークカバーをアンダーブラケットに取り付けます。
? @1438.jpg? @1441.jpg

次から少し加工が必要な作業です。
今回の様にヘッドライトバルブがH4を使用しているモデルはライトのバックプレート(2枚)の加工が必要です。

バルブのカプラー等がプレートに当ります。
ベルトサンダー等で綺麗にカットして下さい。

ヘッドライト側のバックプレート
? @@1445.jpg
真ん中の大きい穴も拡げ、画像上部のカプラーも逃がします。

本体側のバックプレート
? @1440.jpg
3箇所切り込みを入れ、カプラーの逃がしも作ります。

次にヘッドライト側のバックプレートとヘッドライトを固定するカバーのボルト穴にタップ(M4)を切ります。
?  1447.jpg<

取り付けます。
? @1448.jpg

後は組み付けるだけです。

この時に、ライトを本体に取り付ける際スプリングをはめて下さい。
光軸調整用のスプリングです。
あとはボルト2本です。
? @1443.jpg<

取り付け完了です。
? @1446.jpg

? @1444.jpg

今回の様に専用パーツでも簡単にボルトオンで付かないのがハーレーパーツです。
加工して付ける所に楽しみがあり、愛着が湧くものです。
アメリカンバイクショップ HERO へ戻る








posted by 店長 Kazu at 19:28| Comment(4) | TrackBack(0) | バイクカスタム

2009年01月27日

ファットボーイカスタム

今日はナセル交換の前作業を紹介します。

ヘッドライトをナセルにするにはヘッドライトはもちろんですが、タイヤ、ブレーキ、フォークと全てバラす必要があります。

ヘッドライトはトリプルのアンダーブラケットからステーにて止まってるので、それを緩めれば外れます。
配線はタンク左側の裏側にカプラーがあるので、それを外して下さい。
タンクを一度上げないと外せません。

ナセルにするのに、なぜタイヤやフォークまで外さないとならないの?
と、疑問に思う人もいると思います。

ナセルにする場合、もともと付いてるフォークカバー(FLタイプ)も交換しなければならないからです。
純正のフォークカバーでは短く、ナセルを取り付けた際に隙間が生じます。
?1439.jpg

フォークカバーを取り外すには、フォーク上に抜くしかないので、タイヤ、フォークを外す必要があるのです。

まずはトリプルのアッパーマウント上部のフォークのヘッドナットを緩めます。
※緩める程度でいいです。
?1436.jpg

次にアンダーブラケットのフォーククランプを緩めます。
※ここも緩める程度でいいです。
?1437.jpg

そしたらブレーキキャリパーを取り外し、フロントタイヤのシャフトを緩めます。
※これも緩める程度です。
?1442.jpg

?1443.jpg

ここまで緩めたら、フロントタイヤが若干浮く程度までジャッキアップします。
ジャッキアップしてから先程の作業をすると、車体が不安定な状態なので、危険です。
絶対にジャッキアップ前に各ボルトは緩めて下さい。
?1434.jpg

車体が若干浮いたらシャフトを抜きタイヤを外します。
この時、ベアリングの動きやシールの破損をTYックして下さい。
?1435.jpg

次に先程緩めたフォークのボルトを緩めます。
フォークの下側を押さえながら外してください。
そうしないとフォークが落っこちます。

外したらフォークカバーを交換します。
a href="http://herohiro0429.sakura.ne.jp/sblo_files/bike-hero/image/1A8FC0E11441.jpg" target="_blank">?1441.jpg

?1438.jpg

?1440.jpg

フォークカバー交換が終わったら、先程の逆の順序で組み上げて行きます。

長くなってしまったので、本日はここまでです。
アメリカンバイクショップ HERO へ戻る














posted by 店長 Kazu at 17:50| Comment(6) | TrackBack(1) | バイクカスタム

2009年01月26日

ファットボーイカスタム

今日は左右独立のサムソンのマフラーを取り付けました。

前後どちらからでもいいですが、今回はリア側から付けます。

まずリアエンジンとオイルタンクの隙間を通すエキパイを取り付けます。
先日紹介した様に隙間がほとんど無いので、キズを付けない様慎重にやって下さい。

ここでトラブル発生!!!

O2センサーがサブフレーム(コイルとオイルタンクを止めてるステー)に干渉し、付きません。

この場合よくO2センサーを叩いて曲げる方がいますが、お薦め出来ません。
今回はそのサブフレームを加工します。
まずは取り外し、センサーが当たる所をマーキングします。

同様にエキパイとのクロアランスもほとんど無いので、一緒に加工します。
? 1441.jpg

ベビーサンダー等で削ります。
削ったあとは塗装をし、取り付けます。
? 1442.jpg

エキパイを付けてみると、こんな感じです。
? 1446.jpg

センサーが削った所で逃げてるのが見えますか?
? 1443.jpg

あとはサイレンサーを取り付けます。
サムソン製のマフラーはフルカバー(遮熱板)付きなので安心です。

サイレンサーを止めるステーを車体に取り付けます。

フロント側は簡単に出来ます。
? 1440.jpg

ロングタイプのマフラーなので、かなり出っ張ります。
? 1445.jpg

すごい迫力です。
ローポジションから伸びてくるフィッシュテールは長くてカッコイイです。

でも、足を引っ掛けない様に注意が必要です。
ちなみに先程、私は引っ掛けました。

リアビューです。
? 1444.jpg

もう一枚。
? 1447.jpg

こんな感じです。
ここにバガーキットが付けば、文句なしの迫力ですね。
アメリカンバイクショップ HERO へ戻る













posted by 店長 Kazu at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクカスタム

2009年01月24日

ファットボーイカスタム

? 1434.jpg? 1435.jpg? 1436.jpg? 1437.jpg? 1438.jpg? 1439.jpg
今日はサムソン左右独立エキパイを取付します。

まずは今付いてるマフラーを取り外します。

この時、インジェクションモデルはO2センサーが刺さってるので、これを外さなければなりません。

しかし車体に付いた状態では外しづらいので、センサーのカプラーを外し、マフラーを外してから取り外します。

フロント側はレギュレーター上部、リア側はオイルタンク下部にカプラーがあります。

マフラーを外したらエキパイのガスケットを外します。
念の為に新しいガスケットに交換する事をお薦めします。

次にエキパイの仮組みです。
今回は左右独立型なので、リアはリアエンジンとオイルタンクのわずかな隙間をエキパイが通ります。

その際クリアランスがほとんど無いので、知恵の輪の様に根気良く通して下さい。

どうしても通らない場合はオイルタンク側のサブフレームを若干削るといいでしょう。(2mm程度)

ここで問題発生です。

通常マフラーキットと一緒に付属してくるはず(多分?)のシフトロッドが入ってません!

リア側のエキパイがリアエンジンとオイルタンクの隙間を通り、プライマリーケースを覆う様に行く為、シフトロッドとエキパイが干渉してしまいます。
急遽ロッド作成です。

純正と同じ径の鉄棒が無かった為、少し太めの鉄棒で作ります。
ロッドの後ろ側を写真の様に45度曲げます。
曲げる分、長さは純正より20mm長くします。
ロッドの前後はダイスにてネジ山を切ります。

あとは実際取り付けてみます。
上手い具合にエキパイとも車体とも干渉しないで出来ました。

あとはマフラーブラケット等を付けて、仮組み完成です。

だんだんと形が見えて来ました。
来週はフロントナセル、配線延長等を仕上げて行きたいと思います。

アメリカンバイクショップ HERO へ戻る
posted by 店長 Kazu at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクカスタム

2009年01月22日

ファットボーイカスタム

今日は、バタバタしてて、現在付いてるマフラーを取り外す事しか出来ませんでした・・

ちなみに交換するマフラーはサムソンの左右独立エキパイのロングフィッシュです。

なかなか思うように時間が取れず作業が進みません。

みなさん気長に付き合って下さい。
宜しくお願いします。
アメリカンバイクショップ HERO へ戻る
posted by 店長 Kazu at 17:34| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクカスタム

2009年01月21日

ファットボーイカスタム

? 1425.jpg? 1426.jpg? 1428.jpg
今日は、バガーキットを乗せてみました。

リアフェンダーを外し、取り合えず乗せると・・・・

やはりタイヤが太すぎて、ハマりません。
おまけに、ツーリング用なので、取り付け位置も全然違います。

でも、そんなに苦労せず、加工は出来そうです。

一応、全体像を確認してみたいので、バガーキットを全て、当ててみました。

かなりのリア周りの重厚感です。
デカイの一言です。

明日はマフラーを交換して、本格的にバガーキットの加工に入ります。
アメリカンバイクショップ HERO へ戻る
posted by 店長 Kazu at 20:26| Comment(2) | TrackBack(1) | バイクカスタム

2009年01月20日

ファットボーイカスタム

? 1423.jpg? 1421.jpg? 1420.jpg? 1422.jpg? 1419.jpg? 1424.jpg
今日も昨日に引き続き、ファットボーイのカスタムを紹介します。

今日はデバイス製のバガーキットの加工です。
基本的にはこのバガーキット、ソフテイルモデルには取り付け出来ません。

ツーリングモデルのみの設定です。

しかし今回、オーナー様からの強い意志で、なんとか加工して取り付ける事になりました。

ソフテイルに取り付けるには、まず、フェンダーレール・バッグサポート・マフラー等全て加工、製作が必要です。

しかも今回は08モデルなので、リアタイヤが200と太くなってる為、そこも加工が必要です。
ちなみにツーリングモデルの場合、ボルトオンです。

でも、ソフテイルでは前例が無いというデバイスさんからの言葉を聞き、是非とも組み付けてみたいと強く思いました。

まずは手始めにテールランプとリアウインカーの取り付けですが、オーナー様から、「テールとウインカーは埋め込んで下さい」と依頼があり、LEDのテールとオインカーをバガーキットのフェンダー部に加工、取り付け。

しっかりナンバーを照らす穴も開いてます。

完璧に出来上がった後に、オーナー様から「テールとウインカーの一体型のパーツがあったので、これを取り付けて下さい」
と言われ、かなりショック・・。

でも実際に見てもらったら、とても気に入ってくれた様子で、このままでオッケー!

思わず、「純正で、この仕様になってるんです。」と訳の分からない事をオーナー様に言ってしまいました。

後から加工した物です。

明日はこれを実際に車体に乗せてみたいと思います。
が、なかなかやりがいがありそうですよ!
アメリカンバイクショップ HERO へ戻る
posted by 店長 Kazu at 17:32| Comment(2) | TrackBack(3) | バイクカスタム

2009年01月19日

ファットボーイカスタム

? 1417.jpg? 1416.jpg? 1415.jpg? 1412.jpg? 1408.jpg
今日からしばらくの間08モデルのファットボーイのカスタムを紹介します。
カスタム内容は、スカイハイバー・ナセル・グリップヒーター・ウインカー移設・ディバイス製バガーキット加工取り付け・オールペンetcです。

本日はスカイハイバー交換とグリップヒーター(キジマ製)取り付けです。

まず、フロント周りをバラします。
ハンドル・スイッチ・ヘッドライト等を順序よくバラして行きます。
この作業は比較的簡単に出来ます。
ただ今回はスカイハイバーを取り付けるので、配線を延長しなければなりません。
ハーレーの場合、延長キットが出てないので、配線はぶった切り、新しく繋ぎます。
タンクの裏側辺りで切ると繋いだ部分が見えなく、仕上がりも綺麗です。

そして今回は新しくキジマから発売されたグリップヒーターを取り付けます。
この作業は先月号のバイブスでも紹介されてます。

まず、ハンドルバー左側にヒーターのスイッチ等の配線を通す穴を開けます。

配線逃がしのディンプル部に8oの穴を開けます。

次に右側ヒーターの配線を左側まで通します。
この際、純正ハンドルの場合はそのままでいいですが、今回の様にハンドルが高くなる場合は配線の延長が必要です。

右側から左側まで長い配線を通すのは根気と折れない心が必要です。

工夫してやって下さい。
今回はたまたま上手く通りました。

次に先程開けた穴にスイッチの配線を通します。

そして、右側のヒーターと左側のヒーターとスイッチの配線を結束します。

あとはバッテリーにてテストをし、正常に作動すれば、アクセサリーからの電源をもらいオッケーです。

かなり簡単に書きましたが、詳しくは先月号のバイブスに載ってます。
明日はバガーキットの加工を載せたいと思います。
アメリカンバイクショップ HERO へ戻る

posted by 店長 Kazu at 18:56| Comment(2) | TrackBack(1) | バイクカスタム