2008年03月19日

ドラッグスター250のカスタム

523.jpg本日も引き続きドラッグスター250のカスタムを紹介します。
昨日までは外観の大きなカスタムでしたが、本日はライト、ウインカー、ワイヤー関係の接続をしました。
4.5インチヘッドライトにショットブレットウインカーでライト周りをすっきりとさせました。
ワイヤー関係は純正のものが全て使えましたので交換はなかったです。
ただ、フロント周りをすっきり見せたいので、純正ではトリプルの間をワイヤー及び配線ケーブルが通ってますが、今回は配線ケーブルをボディ側で左右入れ換え、尚且つトリプルの下側を通し、すっきりさせてみました。
ハンドルにはワイヤーや配線ケーブルがありますが、ハンドルの下側(ヘッドライト周辺)にはワイヤー及び配線ケーブルはまったく見えません。
正面から見た時、すごくすっきりしています。
※画像が暗くて見づらいので後日再UPします。
皆さんも是非チャレンジして下さい。
あと午後からはスティードのトリプルツリー交換のカスタムをやりました。
アメリカンバイクショップ HERO へ戻る
520.jpgスティードもドラッグスターと大きな違いはありません。
ハンドルのセンターにメーターがあるのと、トリプルのアッパーマウントにポジションランプが付いてるくらいの差です。
基本的には変わりません。
そこで今回はフロントタイヤを外さないままのトリプル交換を紹介します。
まず、ハンドルに付いてるレバー、グリップ、ワイヤー、スイッチ類をプラスドライバーと六角レンチを使って、外します。
※ワイヤーを緩める場合はキャブ側を緩めてから行うとやり易いです。
次にメーター、ライト類を外します。
※スティードの場合、配線ケーブル及びワイヤーがトリプルの間で交差して取り付いてるのでなかなか厄介です。
切らない様に注意して下さい。
あとはトリプルのアッパー側、アンダー側のフロントフォーククランプを緩め、思いっきりジャッキアップです。
※結構高くジャッキアップするので倒れない様に注意して下さい。
あとは前方下側にタイヤを転がしながらフォークを抜いて下さい。
以外と簡単です。
明日からは組み付けです。
ではお楽しみに。
アメリカンバイクショップ HERO へ戻る
posted by 店長 Kazu at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | バイクカスタム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/12780479

この記事へのトラックバック